酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS おせち料理

<<   作成日時 : 2005/12/30 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

大島に引っ越してきたのが去年の12月26日。一年が過ぎました。
今年は島で年越し。せっかくなのでおせち料理を作る今年にしました。
とはいっても一人分です。煮しめと煮豆、なますを作る程度。伊達巻や栗きんとん等は買うことにしました。

このほか大島で売っている正月用食品で気になったもの。
甘露煮はフナとハゼ。フナが出てくるのは意外だ。東京ではあまり見なかった気がするし、松本でも正月用として売られていたというイメージがない。フナの甘露煮自体は全国にあると思いますが、正月用に使うのは静岡の文化でしょうか?
焼き魚はシャケもブリも使うようです。これは東西の文化がちゃんぽん。
ナルトがたくさんおいてある、、、これも静岡文化圏か?

一番特徴が出そうなお雑煮は、自分で作るとなると確認できない、、、
どこかで見る機会があるとうれしいな。

今のところ島らしいのと感じるはキンメダイくらいで、あとはほかと一緒、、というか東日本とも西日本ともつかない、特徴がつかめない品揃えです。
基本的には静岡文化圏だと思うのですが、どんなものだろう。
他地域の特徴的なお正月食品など教えていただけたら幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとう。フナは木曽三川の河口域でもお正月の魚ですよ。ただし甘露煮じゃなくて味噌煮。味噌とザラメと酢でことこと丸煮にします。日本酒党には好評ですよ。
イトヱリ
2006/01/04 23:28
あけましておめでとうございます。
なるほど、愛知ではフナ正月料理として食べられているのか。ほかにもため池のある水田地帯や丘陵地帯ではありそうですな。
そしてやはり愛知県周辺は味噌味か。むむむ、うまそうだ。
ちなみに島では結構な値段がついていて、全長7p程度の小鮒の甘露煮が10匹くらいで900円。むーん。ちょっと高いよなあ。
さかい
2006/01/05 22:15
自然研の友人の情報では、愛知の蟹江とかで「いなまんじゅう」とかいう
鮒料理が名物だそうですよ。
イトヱリさんの書いているヤツがそうなのかも。
ちゅん
2006/01/12 10:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
おせち料理 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる