酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS キヌサヤエンドウの品質

<<   作成日時 : 2007/04/09 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

キヌサヤエンドウが最盛期です。
とても回転の速い作物で、2日に一度収穫しなければなりません。しかも着果数が多いうえ、実が付いている場所も地際だったり目の高さだったり・・・そして葉の陰に隠れているものもあり、うかうかしていると見落とします。これらを丁寧に一つ一つ収穫するのでとても手間がかかります。

しかし、このキヌサヤエンドウの「食べごろ」というのがとても難しいというか・・・販売の規格がやかましいのです

島の農業関係者(特に農協関係)が推奨する「よいキヌサヤエンドウ」というのは
「中の豆が殆ど成長しておらず、且つ莢が十分に伸びているもの」
です。この中の豆が少しでも膨れるとその分農協の規格としての価値は下がるのです。

非常に変な表現になりますが、「素肌にTシャツを着て、その下の乳首がTシャツに浮かび上がるような状態」は規格的にはギリギリ線で、莢が少しでも厚みが出ると価値は低いらしく、袋詰めしたものにそのような状態のものが混じっていると
「そんなものは島の中では売れない」と、突っ返されてしまいます。
具体的に言うと下の写真で左端はOK。2番目はぎりぎりセーフ、もしくはアウト。
3番目以降はアウト。右端のものは完全に豆が膨れてグリンピース状になったものですが、内側2つは莢がやや膨れた程度のものです。
この状態を好む人もいるので、膨れたものだけをより分けけて袋詰めすれば売れるのですが、値段は下げねばなりません。
画像


これでいくと、一日収穫ができない日があると下の写真のようにかなりのものは選別でOUTになります。右がOUTです。
画像

売れない理由としては食味や口ざわりが落ちるから。とのことなのですが、そんなに変わるものなのだろうか?試してみます。せっかくなので椿油で炒め、大島の自然塩で味付け。
画像

左側が農協規格でもOKのもの。右側が莢がやや膨れているものと、結構膨らんでいるもの、完全に膨れているもの。いずれもOUTものです。
OKの方はしゃきしゃきとしておます。続いてやや膨れているものと結構膨らんでいるもの、、、
殆ど変わりはありません!
ある程度膨らんでいるものでも味、口当たり共に殆ど変わりは無いのです。
完全に膨らんでいるものはさすがに豆の味と食感はありますが、莢自体の食味は変わりません。豆の感触は人それぞれでしょうが、むしろ好きな人もいるでしょう。

もっとも私の舌が鈍感なだけかも知れませんが・・・
少なくても某美食マンガのように米を一粒ずつより分けてサイズを合わせて焚かなければ美味しくないというような方にとっては大きな違いかもしれませんね;

実際、島の外から来た人に関しては豆の膨れ具合は殆ど気にしません。一応ある程度は選別しますが膨れているものも買っていただけます。
とにかく古くからの島の人が豆の膨れ具合を厳しくチェックし、膨れているものを避けてしまいます。

なぜにここまで島の人自体がキヌサヤのハードルをあげてしまったのでしょうか?
キヌサヤエンドウは実は大島で開発された野菜です。昔は全国の市場に出回っているキヌサヤはかなりの割合が大島、もしくはその周辺の島のものだったようです。
そのため昔はキヌサヤ御殿も建ったとか・・・

その後全国で栽培されるようになったときも伊豆諸島産のものが良品とされていました。
現在では中国でも栽培され、安い輸入品が市場の中心になったため、昔ほど盛んに栽培されなくなってしまったようです。
(さらにいえば、冒頭にも書いたように、収穫が大変手間がかかるため、農家の高齢化と共に衰退したという要因も大きいようです。)

ともかく大島生まれの野菜である。このプライドがより選別を厳しくしていったのかもしれません。

もっとも殆どの野菜で同じようなことが言えるのですけどね・・・

と、こんなことを書いているとお叱りを受けてしまいますね。
島の農協系の直売所や一般商店に卸すときは謙虚に規格をまもって選別している次第です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
そんなに大変な手間があるのですね。
確かにあっというまに大きくなってしまいますからね〜。

私は大きくなったのも好きです。
てとり
2007/04/10 06:47
この時期は、大島に住んでいて良かったと思います。島外のお土産に、非常に喜ばれます。
絹サヤ大好き
2007/04/10 07:52
ぶらっとハウスでも島の方が東京へ出かける際、お土産として沢山買っていかれる方も多いようですね。その場合は特に綺麗なものをお求めになるようです。

店に並べるものの選別は、ある程度仕方が無いものなのでしょうね。がんばります。
さかい
2007/04/10 11:50
5月末までもつ?
麦星農園
2007/04/10 21:57
5月末???
うーん、キヌサヤは持たない可能性がたかいなあ。スナックエンドウは後から蒔いたものがその頃まで持つかも。
その代わりメロンかスイカがあるかも。キュウリはあるし。
でも、たぶんキヌサヤが出荷したいのかな?
さかい
2007/04/10 22:28
なるほど!!!

どうして島の店は、薄っぺらいキヌサヤしか売ってないのか今まで不思議でした。

ぴらにあも豆が少し膨らんだくらいのがうまいと思います。今度は規格外品をディスカウントでお願いします・・・
@ぴらにあ
2007/04/12 21:42
JAの出荷規格は、料亭向け出荷を前提としたものです。スーパーで売っているようなものとは格が一応違うのです。
しかし、島内出荷については、規格外品は自己責任(売れなかったら引き取る)方式なので、規格に合っていれば、買い取ってくれるが、規格に合ってなければ、売るけど売れ残ったら引き取ってねということだと思いますけど・・・。
元普及指導員
2007/04/13 09:50
もちろんそういうことなのですが、事実上お断りみたいな形です。と、いうより、混ざったものは本当に売れません。

大島でのキヌサヤ品質の要求度は料亭並みだということなんですねぇ。
さかい
2007/04/13 19:03
そうなの、すごい!!

私の会社もキノコを売っているけど、やはり基準は厳しい。
料亭クラスと、スーパークラス、見た目不合格クラス。
どれも味はかわらないけど、最低クラスは社員に配ることもあり、なんだか商売べただと思うのよね。

絹さやについては不合格規格品もよく見かけるし買うし、合格規格のものはたまに貧弱な気がすることもあるけど、買う時は「今日求める食感」で選んでいる気がするよ。
だから分けて売ってくれること自体はありがたいな・・・。
YSG
2007/04/14 10:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
キヌサヤエンドウの品質 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる