酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS ああ、阿呆な事やった・・・のかも?

<<   作成日時 : 2007/05/17 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ジャガイモは品種によっては結構肥沃な土地を好む作物です。
と、いうよりも現在主要な男爵、キタアカリ、メイクインなどの品種は比較的肥沃な場所を好みます。これに対しアンデスレッドなど原種に近いものはもう少し荒地でも平気です。

さて、昨年までの2年間はなかなか肥沃な圃場を用意できず、いい結果は出ませんでした。何しろジャガイモに花がつかないとは惨憺たる結果といえます。それだけ生育が悪かったのです。出来た芋は小さなものばかり・・・これはこれで使えるのですが収量が低く泣けました(;;

今年はたっぷり植物堆肥が積もった好条件に畑を仕立て、自信たっぷりだったのですが・・・

だめだ・・・いまいちだ・・・

途中まではそれなりに調子よく見えたのですが、ここに来て生育が伸び悩んでいます。
ここしばらく雨が降っていませんが、その前に雨が降っていたときにはすでに不調の兆しがありました。

原因は何だろう?他の植物の生育を阻害する性質(アレロパシー)で有名なセイタカアワダチソウはかなり綺麗に根ごと取り除いたのだが。この影響が残っているのか、、、

しかし、ある程度不安に思っていたことがあるのです・・・
はびこると他の植物がなかなか育たないのはセイタカアワダチソウの専売特許ではない。
ススキもセイタカアワダチソウと競争してセイタカアワダチソウが自家中毒で衰退した後は優先種となるつわものだ。ススキにもやはり強いアレロパシーがあるのだろうか?
この畑、3年前まではビッシリとススキがはびこる荒地で、開墾時に数年後に肥沃な畑にするため刈り取ったススキを山積みにして堆肥にしていたソノ畑なのです。
ススキ由来の堆肥をたっぷりと含んだこの畑ならよく育つと思ったのだけど、とんだ大失態だったのか?

独立1年目にカヤ(島ではカヤと呼んでいます)を細かくして積んだ堆肥が一番いい。というような話を聞いてやっていたのですが、それは花卉栽培での話であって、作物によっては悪影響が出るのかも・・・

調べてみるとイネ科植物にもアレロパシーがある。また、アレロパシーの効き目はすべての植物が対象になるわけではないらしい。などということが書いてありました・・・・
この場合、ジャガイモは影響を受ける作物だったのかもしれない(ムラサキツユクサなんかはビッシリと生えてきたんですが・・・)。
考えてみれば、アレだけビッシリとした藪を形成するススキだ・・・アレロパシーが全く無いはずはないわな。

ああ、なんと勉強不足だったのだろう・・・

なるほど、イネ藁をイネの肥やしにするのはアレロパシーで自分は平気だけど、他の植物の繁茂をある程度妨害できるという昔の人の知恵だったのだろうな。そういえば、籾殻はそのまま生ゴミ堆肥の生産に使うと作物が生育阻害を起こすってのを教えてもらったことがあった・・・

ちなみにわざと作りたい作物には影響がないアレロパシーがある緑肥植物を使い、雑草を抑制する研究もずいぶんとやられているようです。

もしかするとこの畑で麦やトウモロコシ作ったらいい結果が出るのかもしれない。
来年、もしくはジャガイモの後作はイネ科を試すといいのかも知れませんね。

はあ、、、まだまだひよっこだなあ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ふむ、ススキのアレロパシーについては、
聞いたことはありませんが、連作障害のよう
なものは見たことがあります。(八丈島や青
ヶ島は牛の餌としてススキを栽培しているの
で。)
 個人的には、アレロパシーとは別の問題が
あるような印象を受けます。
 まず、根の状態を調べ、センチュウ害など
が出ていないか見ることと、土壌診断を普及
センターにしてもらって、要素欠乏(または
過剰)等が無いか調べることをお勧めします。
 最近は、ハムシやゾウムシの幼虫による根
の食害も多発していましたので、特に根がち
ゃんと白いか、ウジ虫みたいなものがついて
いないかチェックしてみてください。
元大島の普及指導員
2007/05/17 16:25
ありがとうございます。
久しぶりに雨が降って畑も潤ったところでジャガイモの調子を見てみようと思います。
ちなみに今年はある程度開花しましたが開花していないものもあります。

調子が悪いものはニジュウヤホシテントウ類に葉を食われています。
でもこれはどこでも同じようなものだろうなぁ。
さかい
2007/05/17 20:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
ああ、阿呆な事やった・・・のかも? 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる