酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 米1kg20円にしないと・・・だそうです。

<<   作成日時 : 2007/07/04 14:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

http://www.asahi.com/life/update/0704/OSK200707040028.html

以前ここでも話題にした米によるバイオ燃料の実験が始まったようです。
確かに休耕田の活用、失業者の働き口として役立てばいいのですが、バイオ燃料の価格を1Lあたり115円と設定すると、燃料用の米の価格を1kgあたり20円にしなければならないらしい。

生産者としてそんな米を作れといわれても「食っていけるか!そんな価格!!!」となることは間違いありません。
ガソリン税などを減免するとしても50円というところか?

JA会長がやる気満々のコメントをしていますが、あくまでも政治的組織のトップとしてのコメントであり、実際に納品する耕作者のコメントではありません。

また、私に言わせればJAが農家の味方かと問われれば、私は否と答えます。
本来は農家の経営を助けることが目的の組織ですが、肥大した結果JAという組織を維持するため農家の利益を吸い上げているといわざるを得ない状況があります。場所によっては野菜の流通業というより「雑貨屋」となっているところもあるようですが、これは余談。

気になるのが、この記事の中で「味は関係ないのでとにかく沢山作りたい。」
とありますが、確かにそれは当然なのです。味よりも収量を目的とすればそれなりの品種、やり方もあり、それによりかなり収量は上がるでしょう。

しかし、問題は食用のイネとの共存が本当に出来るか?
非食用の品種を使うとなると食用品種との花粉による交雑が心配です。
また、遺伝子組み換え品種の登場が心配です。
私は遺伝子組み換えに反対です。収量を上げるために機械的、お役所的な対応のみで話が進まぬよう注意深く見守ってゆこうと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
政府備蓄米にカビ生えさせてますけど。

http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20040428press_3.htm
t
2007/07/06 16:01
まあ、ともかく現在は余剰米がある状況。
エタノール作るなら米を使わない手は無いのかもしれない。
どの道化石燃料は枯渇するし。コスト云々を超えた論議で燃料用イネを環境のために作るのなら、きっちり国策として生産費用を持つべきだと思いますね。

ただ、でんぷんである米をアルコールにするには糖化してからアルコール発酵させて生成することになります(もやしもん参照)
かなりコストがかかるし、案外生産、生成時に発生する炭酸ガスってのは馬鹿にならないかもしれません。
ともかくイネを使うなら稲藁を家畜飼料にまわして外国から輸入する場合に消費する化石燃料を節約するといったような、総合的な化石燃料使用抑制計画を練ってほしいです。
さかい
2007/07/09 14:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
米1kg20円にしないと・・・だそうです。 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる