酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 畑は夏野菜モードへ突入。

<<   作成日時 : 2008/05/03 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

春やさいの代表としてがんばってくれていたハウス内のキヌサヤエンドウはうどん粉病で見る影も無くなりました・・・
画像
と、いうことを残念がってもしょうがありません!!

切り替え切り替え!!!この場所にトマトを植えることにしました。
普通ならばこのネットははずしてから竹ひごやトマト専用の支柱、もしくは誘導紐を設置するのですが、トマトの跡にさらにネットで栽培する野菜を植えることを考慮してネットを残したまま竹を支柱に設置してみました!
画像

これならば枝を多数残してもうまく支持できるかも!という期待をこめています(^^

さて、こちらがトマトの苗です。写真はサターンの苗。種は購入で温床栽培したもの。ひょろ長く不恰好な苗となっております。こういう状態を徒長といいます。
画像


一般的に野菜の苗は徒長するのは好ましくなく、背は低く幅が広い、どっしりとした物が良品です。トマトでも同じなのですがトマトに関しては徒長しても大丈夫です!
このひょろ長くなった苗を溝に横倒しに植え、茎の大部分を埋めてしまうのです。
画像

画像

こうすると地下になった茎全体から発根しかえって力強い根となり、栽培中期から後半にかけても元気に実を付けてくれる強い木になるのです!
徒長させるのもテクニックのうちです(^^半分真実半分言い訳)

ブロッコリーが植わっていた場所はネットが無いのでそのまま誘導紐を張りました。
画像

植えた品種はサターンと長野県の親方が自家栽培を続けていたものをもらい、更に私も自家栽培を続けてるオリジナルの品種。合わせて100本ほどですがもう少し増やす予定です。

半白節成(下半分が白い日本古来のキュウリ)も数日中に収穫できます。
画像

ひと月もすればネットが切れそうになるほどに蔓が延び、実もたわわになります。
画像

夏野菜の本番ももうすぐです!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うちもそろそろトマトやキュウリを植えようかと思います。でも去年、トマトはアブラムシが大量について大変だった。唐辛子を酢に漬けた液が虫除けになるらしいけど、効果はどのくらいなのだろう?使ったことありますか?

2008/05/06 09:44
じつはそれほど効果は期待できません(;;

まず定植する前に水でアブラムシをキレイに洗い落とす頃をおススメします。

その後はナナホシテントウがやってくることを期待してください。

私のガラス温室は春先にはかなりアブラムシがいましたが、ナナホシテントウが勢力を増していまピーマン、ナス、トマト、キュウリの上でアブラムシとそれを放牧しているアリチームとナナホシテントウが拮抗状態なので苗もそこそこ元気になっています。

カマキリの幼虫もそこそこいるのでしばらくはいい状態が期待できます。

しかし・・・今日大量のショウリョウバッタの一齢幼虫を見かけてしまいました・・・卵が産んであったんですねえ・・・

これは鳥にでもがんばってもらおうかな・・・去年はチュウサギが虫を狙って入ってきてたし。
さかい
2008/05/06 12:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
畑は夏野菜モードへ突入。 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる