酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 議長国の自覚が無いぞ!こんなリニア計画やめちまえ。マスコミは何やってるんだか

<<   作成日時 : 2010/10/20 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まず、私はリニアを使ってそこまで都市間の時間を短縮する必要があるのかということからして疑問なのですが・・・

なぜかあまり大きなニュースになっていないようですが、国の交通政策審議会・中央新幹線小委員会はリニア新幹線のルートは南アルプスにトンネルを開けて東京と名古屋を直線で結ぶルートの一本化するとの方針を固めたようです。
これはそのほかの候補に挙がっていた諏訪、伊那谷を迂回するコースよりも費用対効果が高いため。とのこと。
費用対効果云々の議論はまあ、理解しよう。ただ単に地権者やら有力者の力量さの綱引きで無駄な税金を使われるのは真っ平だ。

しかし、この計画は造山運動によって形成されている南アルプスにトンネルを空けるというかなり無茶な計画。
ちなみに長野県の乗鞍・上高地方面と岐阜県の飛騨地方を結ぶ安房トンネルの建設ではあらかじめ火山性の爆発事故に警鐘が鳴らされていたにもかかわらず工事が行われ、死亡事故が起きている(ただ、山脈本体のトンネルではありませんが)。

こういうとき、決まって出るのは日本の技術は世界トップだから大丈夫というような話。最近のマスコミはことさら日本の技術の優秀さの話題は喜んで主張している気がします。

しかし、可能かどうかだけではない。周辺に与える環境影響。掘削によって排出される膨大な土砂の処理など無視できない問題は山積みのはず。

しかしこのルート計画の答申では「環境評価はこの先徐々に行う。」としている・・・

アホか!というよりどういうことだ?
現在大型の建設工事では費用対効果、自然環境への影響、生活環境への影響などすべての要因を考慮した上で複数の候補から絞り込むことが義務付けられている。環境問題を先送りして経済効果だけで計画を決めることはできない。はず・・・そこをすっ飛ばすことがとは・・・
どんな力が働いていることやら・・・

大体にして、この2つのルートに絞り込まれたときからとても気になるのが南アルプスに長大なトンネルを掘削する計画が出ているのに、環境問題について意義を唱えるマスコミが殆どない。ということ。
今日、南アルプス貫通ルートに絞り込んだ。というニュースが出てからも、環境問題を取り上げる報道は聞いていないのです。

あれ?今名古屋で何やってるんだっけ?

ここ最近はやたらとCOP10(生物多様性条約第10回締結国会議)を取り上げていて、議長国の責任云々という言葉はテレビ・ラジオから流れてくるのだが・・・クマの出没が増えていることもCOPに絡めたりしているのに・・・リニア工事で南アルプスに穴をトンネルを掘るのは関係ないのか?

驚いたことに大手新聞社に記事がない・・・流石に一番ショックを受けている長野県の信濃毎日新聞には以下の記事がありました。まあ、これも経済効果の観点からの記事なのですが。http://www.shinmai.co.jp/news/20101020/KT101020ASI000007000022.htm

と、書いていたらアサヒコムでもupされました。まあ、これも環境問題には触れていませんが・・・
http://www.asahi.com/national/update/1020/NGY201010200038.html

リニア計画ってのが世界に先駆ける夢の計画だからマスコミも環境問題は軽視しちゃうんですかねえ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
議長国の自覚が無いぞ!こんなリニア計画やめちまえ。マスコミは何やってるんだか 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる