酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 土俵際での打っちゃり。サツマイモ太りました

<<   作成日時 : 2010/11/29 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の春先の冷え込みと夏の猛暑あらゆる作物に悪影響を与えました。
特に夏の猛暑と乾燥は最強クラスの作物、サツマイモにも多大なる影響を与えました。多くの農家で芋が肥らなかったり甘味が乗らないといった不作ぶり。

私の畑のサツマイモも10月に掘ったコガネセンガンやベニアズマはかなり収量が少なく、甘さも全然足りないといった低調ぶり。
野性味が強いムラサキ芋は流石にそこそこの収量でしたがこちらは元々甘味の少ない芋。

これではあまりにも寂しいので、どうせ今のままでは美味しくないのならうんと収穫を遅らせて、運がよければもう少し肥って甘味も乗ってくるかもしれない。と考え各品種半数以上は掘り残しておきました。
今日になって芋畑に行ってみると。

画像

蔓もまだまだ元気そうです。これなら栄養をつけてくれたかも・・・おや?

画像
サツマイモに花が咲いています。サツマイモに花が咲くのは割りとめずらしようです。条件の悪い畑や気候が厳しかった年では良く見られるという話も・・・

画像

ヒルガオ科なのでアサガオなどに良く似た花です。花が咲くのはムラサキでは多く見られます。茎も紫だしここに植えたのはムラサキ芋だったのだろう。

画像

と思い掘ってみる。流石にムラサキ芋はひどい年でも良く育つなあ・・・

画像
と、思ったらムラサキ芋ではありませんでした。鳴門金時だったようです。

10月中ごろに掘った頃は細かったのに、思った以上に生長してくれたようです!
話によると、遅く掘った芋には糖分が乗っているとのこと。
収穫を遅らせる作戦は功を奏したようです!

しかし、リスクもあります。
速いところ掘ってしまわないと、急に強烈な寒波が到来すると痛んでしまうし、そろそろカラスやキジ、コジュケイ、タイワンザルが畑を物色し始める時期です。これから先は欲張らずにとっとと掘ってしまわなければなりません。
さて、負けないようにしなければ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土俵際での打っちゃり。サツマイモ太りました 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる