酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 落ち葉集め

<<   作成日時 : 2011/05/16 19:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

有機農業にとって一番肝心なのは土づくりです。
特に大島のように火山灰土で土壌の地力がない場所ではかなりがんばって有機質を入れながら土を育てなければなりません。

そのために重要な作業が落ち葉を集めることです。

子どものころの記憶では、畑をやっているうちには大きな穴が掘られていてそこに落ち葉を集めてたい肥にしている光景がみられたものです。

今でも当然やることは同じでせっせと落ち葉を集めます。
特に5月中旬はツバキやスダジイ、マテバシイなどの常緑広葉樹が新芽を芽吹きながら去年の葉をバサバサと落します。今が落ち葉のシーズンなのです。

これらの落ち葉は私にとって重要な農業資材であり、特にツバキの葉は特殊なバクテリアがいるそうで固くて分解されにくそうなのにかなりの速度で土になるのでこの落ち葉は私にとっては宝の山なのです!

 こういった落ち葉はチマチマ集めるのも大変なのである程度落葉しきったころを見計らって集めたいのですが・・・
毎年同じころに街の公共事業としての「チャドクガ防除の薬剤散布」と
「路上の草刈り及び落ち葉の除去」が行われるのです。

殺虫剤がかかった落ち葉は使いたくないし、清掃が入ると落ち葉自体がなくなります。今まで何度一足遅れで集め損ねたことか・・・

 昨日はそんな不安からぼちぼちと落ち葉を掃き集めて畑へ運んでいたのですが昨日の夕方になって防災無線で「16日に波浮港地区から薬剤散布を始める」とのこと。

ビンゴでした(^^;

 そんなわけで今日も朝から落ち葉集め。軽トラックにガンガン積み込んでいる途中で散布に追いつかれましたがめぼしい場所でかなり集めた後だったのでまずまずの量を集めることができました。でも何か所かで宝の山を目の前にちょうど薬剤散布に追いつかれて回収をあきらめる場面も・・・

せめてあと2、3日後にしてくれればもっとたくさん集められたんだけどなあ・・・(あと2日早くすればよかったという説もありますが、まだ落ち葉が十分落ちていなかったのですよ・・・)
画像


集めた落ち葉は直接ナスやピーマンなどの果菜類の根元へ敷き詰めます。
画像


有機物マルチと言って落ち葉を敷くことによって過度の乾燥を防ぐことができますし、夏の間に収穫しながら落ち葉をミミズなどが分解し、土を育ててくれます。
「蛇が湧くよ」と心配する方もいますが・・・
アオダイショウやカラスヘビは追い払えばいいですし、マムシが出ても・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
落ち葉集め 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる