酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨夜の雨飾山

<<   作成日時 : 2011/07/02 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

21時頃に松本から新潟県境、雨飾山へ出発。
目的はカエルやサンショウウオとたわむれ・・・じゃなくて撮影して十分堪能したら雨飾温泉の露天風呂に浸って闇(おそらくは微かに空が白み始めるころまでカエルを見ているだろうが)と静寂を楽しむこと。

松本市内は松本にしては蒸し暑く、天気は曇り空。

松本市の北のはずれ、六助池を超えて旧豊科へ抜ける道を走り酷道19号へ。国道19号を北上し、明科大橋で県道51号線にはいり生坂村をかすめて池田町、大町市を走る。池田町あたりから雨が降り出しました。
この辺が松本の乾燥した気候と北信の湿り気のある気候の変化点です。

事前に調べた小谷村の天気は曇り時々雨で翌日には曇り時々晴れ。
夜の間は弱い雨が降ったり止んだりすることが予測される・・・

雨をワイパーでぬぐいながら・・・私はほくそ笑んだ・・・
最高じゃ!予定通りじゃ!最高の天気じゃぁ〜!

両生類は雨が大好きです。いくら両生類の多い場所に行っても路面が乾いていてはそれほど観察できません。小雨が降ったり止んだるする天気・・・
それが一番両生類が活発に活動し、観察にも邪魔にならない気象条件。

私はこのような状態を「いい天気」と呼んでます。

美麻・長野方面へ抜ける道を使って国道148号線に入り仁科三湖、白馬村方面へ。それにしても信州の夜道のドライブは怖い。飴が降っているせいもあるし、レンタカーなので丁寧に運転しているせいもあるが後ろから大型トラックにバンバンあおられます。
昔はこんなに怖くは感じませんでしたが、島の少ない交通量に慣れているとこの夜道のトラックの運転はキチ〇イじみて感じます。

それでも順調に車を走らせ無事小谷村へ。松本を出発した頃はふと、あれ、あそこって果てしなく遠いんじゃねえか?と不安になりいましたがそこは昔採った杵柄。割と楽に小谷村に到着。

雨飾山へむかう山道に入ってすぐ、まだ集落のあるあたりでに現れましたよ〜
画像

まずはシュレーゲルアオガエルの幼体。

シュレーゲルアオガエルは山地の水田位多いカエルで、ぱっと見アマガエルに似ていますが鼻先から鼓膜にかけての黒い筋がありません。

またモリアオガエルに似てますが、成体同士で比べるとモリアオガエルよりもかなり小型です。繁殖開始はとても速く、雪解け直後位から繁殖が始まります。ちなみに「もののけ姫」の冒頭で集落に戻った時に聞こえてくるカエルの声がシュレーゲルだった気がする(今日の放送は見なかったけど)

この個体も今年の繁殖でもう変態を終えた個体なのかもしれません。

続いてモリアオガエル!
画像

これは雄。撮影中にライトによってきた虫(小型のカミキリかジョウカイボンかなにか)が頭にちょこんと載ってます。

モリアオガエルは大島にもいますが移入されたものです。
ネイティブなモリアオガエルの写真を撮るのは久しぶり!

画像

カジカガエル。すぐそばに川が流れているのでカジカガエルも多いのです。
ただ、川の中だけのカエルというわけではなく、メスは産卵の瞬間以外は山暮らしをするカエルです。雄は長い繁殖期中、殆ど河原でメスを得るために縄張り争いに明け暮れます。この個体は大きめの雄かな?川が氾濫しているので避難してきているのかもしれません。

集落を離れてやや山に入ったところで
画像

モリアオガエルの雌。でかいです。

そろそろブナなどの林が出てくるとこんなのも出てきました。
ヒダリマキマイマイ・・・正式名称は他にある気もするが・・・
写真ではわかりづらいのですが、かなりでかいです!体を伸ばした状態ならば手のひらの親指を横に向けた横幅ぐらいはあります。
また、このあたりには両手に余る巨大なナメクジ「ブナ太郎」もいますが今回はみませんでした。
画像


画像

さらに山道を進み新潟県境付近に車を止めて散策。ここのあたりには素敵なもが多いのです!!

そして登場!ハコネサンショウウオ!
画像


画像

気が付けば足に何か虫が・・・おそらくは懐中電灯によって来たオナシカワゲラ科の一種。撮影の時には気がつかなかったなぁ

画像


日本で最も広範囲に生息するサンショウウオです。山間の渓流沿いの森林に生息し幼生は流れの速い渓流で2年から3年かけて変態します。著しく細長い体形をしており、雄は繁殖期になると後足がへら状に肥大します。また、雄、雌とも繁殖期になると川で活動するためにスパイクとして指に黒い爪が生えてくるのが特徴。写真の個体も爪が生えてきています。
画像


さて、本当はクロサンショウウオとヒダサンショウウオも見たかったのですがこちらは発見できず。特にクロサンショウウオは道沿いの池で産卵するので簡単に見つけられるはずだったのですが、繁殖期を遠に終えていたようで古い卵の残骸しかなく・・・明るくなってみるとクロサンショウウオの幼生が沢山泳いでいました。まあ、これじゃあしょうがないか。
画像


他にも小型のアカガエル類
ヤマアカガエルの幼体のつもりで写真撮ってみたけど、こりゃタゴガエルの幼体かな?もう少し大きければなあ。
画像

こんなことを4時頃までやったのちに雨飾温泉の露天風呂。変わらず残っていることに感謝をこめて500円供託。

森林の中、暗く静かな露天の温泉で成果を祝いつつ・・・まったり。
キューっといっぱいやりたいところですが運転もあるので我慢我慢・・・

夜が明けるとブナ林もきれい
画像


画像

たまには旅もしなくちゃねえ!

しかし、クロサンショウウオがいなかったのが心残りだ。あと2週間早く来るべきだったか・・・

来年へ向けて闘志を燃やすのであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
「いい天気」の日に両生類の聖地、雨飾山に行っていたとは。一足遅かったようですが、それでも羨ましい限りです。
私もまた雨飾山に行きたいです。いつかあの時のメンバーと一緒に行けたらいいですね。
かわいい写真の数々をアップしていただきどうもありがとうございました。
CH@京都
1000
2011/07/13 15:18
ひねったハンドルネームを使ったな(^^

タイミングを合わせてぜひ行こう。
やはりあの山の雰囲気は最高です。

6月中旬がベストだけど、それ以外でも楽しみはありますからね。
余裕があればもっといろいろまわりたいのだけどね。

そちらの写真などもぜひ見てみたいです。可能ならば見せてね。

ではまた会居ましょう!
さかい
2011/07/13 17:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨夜の雨飾山 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる