酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS ブロッコリーとカリフラワー

<<   作成日時 : 2011/12/22 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今ガラスハウスの中ではブロッコリーが収穫期を迎えています。
画像


ブロッコリーのいいところは大きな花蕾(可食部である蕾の部分)をとっても次々と脇芽が伸びてきて収穫できるところです!
画像


一方、同じ時期に種をまいたカリフラワーはジックリ育つ性質のようでまだまだ花蕾が全く育っていません。
画像


ブロッコリーがオープンな状態で花蕾が育つのに対し、カリフラワーは数枚の葉に覆われた状態で育ってゆきます。
また、大きな花蕾をとると、脇芽は形成されません。

生物学的な立ち位置は原始的なケールからキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーはほぼ同じ生物なのですが、ほんのわずかな品種の差でここまで違います。

また、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーそれぞれの中でもさらに性質が分化しているのですから作物の品種栽培というのはとてつもなく奥が深いものだなあと感心します。

さて、カリフラワーの収獲はいつになることやら・・・経験上、ゆっくりジックリと本体が大きく育ったのちに花蕾が形成されるとかなり立派な花蕾が形成されるのですが・・・

出来が良すぎて3s玉とかになるとかえって使いづらさから敬遠されてしまうんですよねえ・・・味や柔らかさは大きくなっても損なわれないから栽培側としては嬉しいのですが、売れなきゃ意味がないんだよなあ。

程々の大きさに育ってほしいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブロッコリーとカリフラワー 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる