酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンタックスK-5買っちゃた。

<<   作成日時 : 2012/01/05 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

カメラ買っちゃいました。
ペンタックスの最新鋭デジタル一眼レフカメラのK-5。しかも35mmマクロレンズとGPSユニット、シャッターレリーズまでつけて・・・
画像


初めは今持っているK-xではできないバルブ撮影がしたかっただけなのでK-5が出たことによって型落ちしたK-7を中古で買うつもりだったのですが、中野駅の中古屋では売り切れ・・・

しかし、○ドバシ店頭で見ていると店員から防塵妨滴性能が高いこと、そしてGPSユニットを付けると位置情報とカメラが向いている方角を計算し、手振れ防止機能を応用して数分間の天体追尾が可能だという機能の説明を受け惹かれてしまいました。

元々先日ヨ○バシを見物している時に見つけたビクセン製小型携帯赤道儀ポラリエに惹かれていたのです。
その携帯赤道儀は一昔前のコンパクトカメラ位のサイズで、普通の三脚に取り付けて使用可能で、短めのレンズで短時間なら手軽に天体追尾撮影が気軽にできるという、天文ファンたちが長年夢見ていて、できそうなのにどこも開発していなかった画期的なシステムです。
普通の赤道儀は三脚本体を合わせると20s近くなる。また、スカイメモという小型赤道儀もありましたがそれだってかさばるしかなり重い。
フィールド活動と天体が両方好きな人間は北アルプスの山頂とか唐沢カールとか沖縄の海辺で追尾撮影が気楽にできたらどんなに素晴らしいか!と夢見ていたのです。
このシステムならこのかなり苦労しなければらななかった夢が気軽にできるのです!

本体と極軸望遠鏡合わせるとヨド○シ価格で5万一寸。ポイントカードを考えれば実質4万後半。安くはないが魅力的。かなり買う気になっていたのです。

そこにこの贔屓にしているペンタックス独自の天体追尾システムを見てしまって・・・うーんどうしよう。K-5とGPSユニットを合わせた金額と中古のK-7とビクセンの携帯赤道儀を合わせた金額はおそらく後者の方がやや安い。しかし、やはり中古だと多少傷があったり内部に埃があったりするようだ・・・
恐らくポラリエの方が追尾能力は高いだろうが100o以上のレンズで長時間ってのは無理だろうし・・・もしかすると大きな差はないかもしれない。どうせちゃんとした天体写真を撮るときは最近使っていないちゃんとした大型の赤道儀タカハシEM-10使うんだし・・・

また、私としてはやはり小雨がそぼ降る雨飾山ややんばるの森の中でカエルやサンショウウオ、イボイモリ、リュウキュウヤマガメなどの写真が撮りたい

脳内の財務省で激しい予算折衝が繰り広げられましたがポイントカードも5万以上あるし・・・横浜ベイスターズとならびやや経営上劣勢に立たされているペンタックスを応援する意味も込めて買っちゃいましたぁ。

その分楽しまなきゃね。K-xもコンデジも両立して使っていこう。

むう、LXもちゃんと使いたいなあ。こちらは長時間の天体撮影専用機になっちゃうかなあ・・・心の中では勝負写真はLXなのだが最近は便利さにかまけてデジタルしかいじっていないです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ちなみにビクセンの携帯赤道儀は約2万円の極軸望遠鏡を使わずに「北極星覗き穴」という小さな穴に北極星を導入して使う方法と、付属のコンパスと傾斜計を使って極軸を求める方法もあるようです。まあ、当然追尾精度は極望が一番いいのだろうけど。K-5の追尾システムがいまいちだったら数年後メドに考えよう。それまでにだれか買ってレポートしてくれないかなあ。
さかい
2012/01/05 23:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペンタックスK-5買っちゃた。 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる