酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 段々畑開墾

<<   作成日時 : 2013/03/08 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ここしばらくは開墾に明け暮れてます。

先日視察旅行に行って町田市で竹藪の斜面を切り開いてオリーブとレモンを植えるという新規就農の方とお会いしたこともあるのですが・・・

何しろ冬場に日が当たる畑がほとんどなく、冬場の収量を増やせないでいるのでこのままではいけない。とかつて切り開いたのち、夏場の忙しさにかまけて手入れ不足になり、毎年夏になると藪や戻してしまう斜面の段々畑を完全運用するべく、開墾を再開しました。

斜面のやや高いところにありけもの道を通ってしかたどり着けない畑・・・しかし先人たちはここを切り開いてガーベラやキヌサヤで財を成していたのだから負けるわけにはいかん。というか根を上げていては恥ずかしい。

全部合わせると1.5反=450坪≒1400uほどあるだろうか・・・
下半分は一度開墾してびっしりとしたススキと多少のアカメガシワやハチジョウイボタ、竹がある程度なので1日半ほどで切り開けました。でも大量のススキが厄介だな・・・
画像

画像
画像


ススキの根っこがはびこり、また急な斜面であるのでむやみにススキの根っこを除去すると崩れる恐れもある。
それでも南向きで冬場にたっぷりの日が降り注ぎ西からの季節風が来ない畑は貴重だ。何とかレモンやらキヌサヤ、キャベツの栽培も試みたい。

しかし問題はここから。今まで手つかずで雑木林にマント群落がのしかかるもう一段上の畑が問題だ・・・

画像

画像

上の段の上の区画はこんな感じ・・・結構雑木が多い・・・
画像


二日ほどかけて雑木を切り開くと林床はテイカカズラがびっしり・・・
画像


刈払機でテイカカズラを取り除いて段々畑が復活。しかしかなり木の根っこが多いので普通の畑として使いづらい・・・
また周囲には切るのがもったいないスダジイの巨木が・・・
これらは多少日照を遮るが冬場でもそれなりに日は入るし風よけになっている!
そこでここはオオバヤシャブシを植林してアシタバ畑にすることにしました。
これでここにもスダジイを幼虫のえさとしてオオバヤシャブシの樹液を好むクワガタのサンクチュアリを・・・じゃなくて島の特産品のアシタバの増産を目指します。

しかしここでまだ終わりではない。上の段にはもう1区画放置された段々畑が・・・
画像

画像

こんな感じ・・・
しかし負けん

画像

画像

画像

もうしばらく段々畑の開墾は続きます。

この勢いで別の場所にあって使ってくれと言われている3反ぐらいの雑木林に戻ってしまった農業用水も通っている畑も開墾しちゃおうか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おお!! 開拓なんて重労働してるんだ〜 やればやるだけ仕事増えるぞ^^
ヒロタニ
2013/03/12 21:52
3キロほど痩せました(^^
ここは管理も大変なので一度は藪に戻してしまったところ。
こまめに管理して・・・というか管理しきる作物を植えて収入につなげねばならんです。何を植えたろうかな〜。
さかい
2013/03/12 23:53
匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_^;)ありがとう。。。
http://www.fetang.co...
2013/08/03 12:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
段々畑開墾 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる