酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016.0102三原山登山

<<   作成日時 : 2016/01/02 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は朝から三原山登山。箱根駅伝で実家に近い駒沢が不調なのを気にしつつ9時から出発。三原山の姿は・・・残念ながらど逆光だな・・・
画像


外輪山の坂を下って平坦なカルデラ底を歩いて出発10分ほどで内輪山の登りが始まります。
画像


登りつつ1986年のカルデラ内で起きた割れ目火口でできたスコリア丘を眺める
画像


出発から30分ほどで山頂の三原神社の鳥居到着・・・元気な方なら約30分、ゆっくり登って1時間ほどみましょう。
画像


山頂にはこんなのがあります
画像

画像


今日は山頂の噴火口を一周する「お鉢めぐり」は時計回りにした。普段なんとなく反時計回りに回るのはなんとなくトラック競技のイメージになるせいだろうか・・・
画像

画像


火口の縁から水蒸気が出ている個所がありますが昔はもっと多かった。船からも見えたもんだけどなあ
画像


この看板のすぐ下に割れ目火口があります。。ロープの外すぐにすり鉢状に落ち込んでいるのですが・・・ここは非常に強い風が吹いている場所で・・・強風で足元すくわれたら飲み込まれるんじゃないかと感じる場所です。気を付けて観察しましょう。
画像

画像


この火口から少し歩くと風が弱まります。振り返ってみるとちょうど火口の辺りが鞍部(コル)になっているのが判ります。川の流れのように風が集中するんですね。
画像


火口が近づいてきました
画像


ここの辺りがルートの最高地点だと思うんだけど目印がないんだよなあ730m位あるはず
画像


目を火口の反対側に転じると裏砂漠が広がります。丘のように見える場所は昨日「裏三原」を撮影した場所。
画像


そして中央火口の展望所。巨大な火口は迫力がありますが写真じゃちっとも表現できない・・・ドローンで遊びたくなる場所です。
画像

画像


時計回りコースの終点近くにこのようなものが見えます。
画像

画像

ホルニトという火山地形でどういうものかは看板のとおり。

画像
手をかざすと湿った温風が吹き出していたけど、数年前特別に観察会が開かれて中に入ったけどこんなに暖かくて湿ってたかなあ?
画像


お鉢めぐりはじっくり観察しながら歩くと剣客・・・じゃなくて健脚でも小一時間かかります。風が強いので十分気を付けましょう。今私の体重は池中玄太的なのでできませんが体重の軽い人なら寄りかかれるほどの風が吹いてます。傘を持てばメリーポピンズに・・・(危ないからやめましょう)

山からの戻りは下りが多いので健脚なら30分弱、のんびり歩いて1ち時間前後でしょう。ぜひ多くの方に三原山登山を楽しんでほしいと思います。お汁粉とかあるし!
画像


さて、ラグビーに間に合うように帰ろう。おお、駒沢、頑張って順位を上げている・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016.0102三原山登山 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる