酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月10日から5月28日まで大動脈解離で手術入院していました@5月9日(火)の出来事

<<   作成日時 : 2017/06/09 23:14   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 長らく更新できずにいましたが、実はひと月ほど心臓から出る大動脈が破損する「大動脈解離」という症状で入院・実家での静養をしておりました。

初めに申しあげますが今回の件は診断の不手際等の事を申し立てるつもりはありません。かなり判断が困難なケースであったようです。数回にわたり長文を並べますが必要なことは

@自分で感じた怪我や疾病の痛みで感じた生命の危機は医師の機械を使った客観的な診察・判断以上に重要であることがあるので、その痛み・恐怖・体感の感覚は克明に医師に伝えましょう。それを伝えなければ正確な判断できない可能性がある。その訴えが見落としてしまっていた見えにくい部位の疾病を発見してくれるかもしれない。

A大手術の関わる医療費、日本の現段階の社会保障は捨てたもんじゃない。医療費が高額になる場合は窓口負担額3割(正直金額を見るとかなり重い)ではなく、収入に応じた支払限度額(かなり安くなる)というセーフティーネットがあり、国民皆保険制度というものは医療を受ける者にとっては極めて重要な制度である(オバマケアを潰そうとしているアメリカ人に言い聞かせてあげたい)。

と言う事だけ感じて頂ければ十分です。あとはただの闘病記です。

2017年5月9日(火)
午前中野菜の収穫・出荷をこなしたのち軌道に乗り始めた養蜂の巣箱の巡回、ピーマンや余ったズッキーニの苗を植えるための畑の耕うん等をした後、いつも通りに13時台のラジオを聴きながら昼食を摂ろうとしていました。

 調理がほぼ終わりさて盛り付けようか。と思った矢先に心臓あたりにズシンとした衝撃を伴う激痛が走りました。今までに経験したことがない心臓の激痛・・・一番似ているのは10年ほど前にアキレス腱を断裂した際に感じた感触。結果的にこの感覚は遠からずのものだった。

「心筋梗塞か?大動脈りゅう破裂か?心臓が破裂したのか?死ぬのか?」

私はうずくまり痛みが治まることを期待しました。激痛はやや収まりましたが痛みは収まることはなく全身から冷や汗というか脂汗が噴き出します。
 数分後、即死する気配はないのでとりあえずパソコンで心筋梗塞などをググってみる。どれも自分の症状であるかどうか判断できない。どのみち医療センターに行かねば・・・

しかし救急車を呼んでいいものか?救急車を呼んだ場合、診察後大事もなく帰宅することになった場合自力で帰宅しなければならないし・・・元町から波浮までタクシー使うととんでもなく金かかるし・・・
とりあえず医療センターに電話し症状を伝える。「救急車を使いますか・自力で来られますか」と問われ思わず自力で行くと答えてしまった・・・
結果的に無事に自分の運転で医療センターに到着しましたが今にして思えば誤った判断だと思います。反省。

 医療センターでは早速心電図検査。一番初めに疑った心筋梗塞であれば心電図でわかるようですが心電図には異常はなく心筋梗塞ではなさそう。
続いてレントゲンとCT検査。早急に画像を解析してくれましたがいずれの検査でも確実な心臓の損傷は確認できず。ただ、心臓の周りの薄い膜が浮き上がり水が溜まっているとの所見。

やや重い風邪の症状の後に心臓の膜の内側に水が溜まり痛みを感じる心膜炎という症状がありその症状の可能性が高いとの診断。しかし風邪は引いていないし・・・

 心膜炎であれば炎症を抑える薬を内服すればやがて治るとのこと。
正直な話この診断にすがりたい。ようやくズッキーニの雌花が咲きはじめ、ソラマメの収穫も本格化し、レタスも順調に育っている。養蜂もオオジマザクラ中心の蜜を絞ったのち分蜂したり野良の蜂球を2つ捕まえて巣箱が劇的に増え大きな転機を迎えたところ。

 農作業が一番楽しい瞬間だった。できることなら多少痛くても大事でないならば入院などせずに農作業を続けたい。しかし死を予感するほどの激痛を感じたのに本当に大丈夫なのか?という不安もありました。

医療センターの先生曰く「もう少し精密な検査をしたほうがいいかもしれない。5月27日に広尾病院から循環器の先生が来島し診察する日があるのでその予約を取りますか?」
 5月27日?今日は5月9日・・・死を予感する激痛を感じたのに3週間近く待つのもなあ・・・翌日5月10日の東京都立広尾病院の予約をお願いして自分の運転で帰宅。
やり残した農作業を少しだけした後家で休みつつ夜勤は状況を報告したうえで出勤。これは万一症状が急変した場合波浮の自宅で何かあったらそのまま孤独死する可能性があるが夜勤先であれば医療センターに近いし人にも気付いてもらえるという判断だったのですが無事に朝を迎える。
これもどう考えても倫理的に問題のある判断だった。反省

以下後日

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月10日から5月28日まで大動脈解離で手術入院していました@5月9日(火)の出来事 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる