酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月10日から5月28日まで入院しておりましたG退院とその後。とりあえず完あとは不定期

<<   作成日時 : 2017/06/19 21:57   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

5月28日(日)
 いよいよ本日退院。朝食後お世話になった先生や看護師さんに挨拶を・・・
と思いきや日曜なので人は少なくあっさりとした退院だった。

 昼食は両親とともに記念に地下の食堂で食べる。メニューには塩分量が書かれているが和風のそば・うどん類でも塩分量は1杯でほぼ6g。ラーメンともなると軽く超えて叉焼麵にいたっては11g、そのほか定食類も1食で6g越えか6gにせまる。意外にも少ないのがカレー類。塩分2.1gの彩どり野菜カレーを食べた。

 塩分の摂取量6g未満に抑えるのは本当に工夫が必要そうだ。
6月8日に診察の予約が入っている。初めはすぐにでも島に帰ろうかとも思ったが無理はせずに6月8日の診察を受けてから帰ることにした。

久しぶりに長期間実家にとどまることになった。とりあえずネットで暇をつぶすか。

5月29日(月)
 久しぶりの「病室でない部屋」で目覚める。

 朝からラジオやネットで暇をつぶす。フィジーのセブンズラグビーを飽きるほど見ようと思ったのだけど、なぜか13人制ラグビー、いわゆるリーグラグビーのオセアニア対抗戦の映像ばかり出てきた。
13人制を見るのは初めてだが全く別物に見えた。トライの点数は4点だしPGの得点もコンバージョンの得点も2点。ゲーム運びはボールを持って前進しているチームは相手に止められて倒れこんでもボールの奪い合いにはならずボールデッドとなり、すぐその地点から攻攻撃中チームが後ろへヒールトスキックをして拾い上げてそのまま攻撃を続けられる。そのため一度ボールを保持して攻め始めればノックオンやスロー・フォワードなどの凡ミスをしない限り延々と攻め続けられる。
アメフトの攻撃でゲインするとそこから攻撃再開というのに似ている。防具なしで前に投げられないアメフトのイメージだ。

 ノット・リリース・ザ・ボールの概念はあるような無いような・・・オフサイドが有るような無いような・・・スクラムは無いと聞いていたが形骸的なスクラムみたいなものはあるようだ。
ラインアウトはほぼクイックスローインみたいな感じ。
うーん・・・私は15人制や7人制のほうが好きだな。

5月30日(火)
血圧は入院中とほぼ同じ。


5月31日(水)
負けたあ。特にイベントなし。

6月1日(木)
 夕刻、高額医療費の限度額適用認定証が届く。これで明日入院費用の納入ができる。書類の中に私の認定区分は標準報酬月額が26万円以下であり下から2番目の「エ」自己負担限度額57,600円となっている・・・
これは・・・医療費遅延届を出して退院時に支払った食費以外の金額と同じ金額・・・全体で57,600円でありつまり支払いは完了しているということなのか、支払いの月額限度額という意味であり、3割負担額141万円ではないだろうが月賦で何か月か払うということなのか・・・

6月2日(金)

 昼前に広尾病院に限度額適用認定証をもって医療費の残りを支払いに行った。
そして書類の意味は限度額の一覧表に書かれていた金額は全体の医療費という意味であり・・・

入院・手術費用は57,600円であり退院時の支払いですべての支払いは終わっているとのことであった!

国民皆保険制度の重要性をかみしめた。

ソフトバンク戦・・・負けたあ・・・・

数日間はリハビリを兼ねてある程度離れたところまで歩いて買い物にに行くなどもしましたが何もすることもできない退屈な日々が続く。

6月8日(木)
退院後の診断を受け、とりあえず問題なしと言うことになった。
次回の診断は3か月後・・・大きな病気をした割には回復が早かったという事か・・・
翌9日に伊豆大島の自宅に戻ることにしました。

6月9日(金)
長野県で農業を営んでる兄に助っ人を頼み午前の高速船で大島に戻る。
やはり島の空気はいい!

各所にご挨拶と報告。しかしさすがにすべては周れない。最優先は職場です

学園長に退院の報告と今後の相談

さて、退院後に仕事に復帰するために診断書には「重い物を持たなければ仕事の再開は可能」と書いていただいて早期の職場復帰を目指しておりました。
 
通常状態であればほぼ仕事についても差し支えはないと思われる。しかしやはり人間の命を預かる職場です。
万が一、勤務中に入所者さんが急病になったり大きな地震や火災などに見舞われた際、入所者さんを守る行動がとれるか、責任を果たせるか?

と言うことを鑑み3か月若しくは6カ月ほどは体の再生に務め、職場復帰に関しては少なくても3か月後の診断まで待とう。と言うことになりました。

それに際しては休職扱いになり、休職しなければならないことを証明する「診断書」を健康保険事務所に提出しないとその間の休職保険の支給は得られないとのこと・・・

せっかく職場復帰に向けた診断書を書いてもらったのに職場復帰不可の診断書を改めて書いてもらわねばならないとは・・・

何はともあれ島での日常が戻ってきました。とはいえまともな農作業はできません。

とりあえず入院前に植え付けて収穫期を迎えていたレタスやキャベツ、ズッキーニを人の手を借りたりしながら何とか出荷して日銭を稼ぎました。

レタスもほぼ終わり当面はわずかなズッキーニに人工授粉しつつ一日数本ずつ、3sを超えない程度ずつ運んで出荷。これもそろそろ終わります。

ハウスのトマトも管理できず脇芽もかけず地を這う状態。

こちらは無理をせず地を這わせたまま自分で食べる分+αを細々と売るか・・・

ともかく無理をせず地道に養生してゆこうと思います。

とりあえず完。あとは不定期

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月10日から5月28日まで入院しておりましたG退院とその後。とりあえず完あとは不定期 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる