酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月10日から5月28日まで大動脈解離で手術入院しておりましたE退院の日にち?

<<   作成日時 : 2017/06/15 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月21日(日)

日曜日は医師や看護師さんも休みの人が多くかなりのんびりとした雰囲気。
母が見舞いに来たのでジャスミン茶を追加してもらう。

この日はシャワーの使用が解禁になったので久しぶりに自分で全身にシャワーを浴びて体を洗った。腕の筋力が著しく落ちていて力が出なかったがさっぱりとした気分になった。

知人に畑の作物を無駄にしたくはないので皆で収穫して使ってくださいと連絡。
また、大島の農産物直売所ぶらっとハウス会長君に近況報告も行った(私は副会長・・・)。
さらに、日ごろ野菜を注文してくれるデイケアサービスハウス「結いの家」にも近況報告し、畑の作物を自由に選んで収穫して使って下さいと伝えた。

ベイスターズは・・・負けたっぽい・・・

5月22日(月)

昨夜は「熟睡している間が一番体の治癒が進む」とのことなので、今夜こそは0時に入眠して4〜5時まではぐっすりと寝よう。と思っていたのに0時までの間に不快な夢を見てグダグダに・・・

全身にダメージがある中いやな夢を見るのは当たり前で快眠などありえないのかもしれない。

23:30にこの日の許容範囲1000mlに達する200mlの水を飲んであとは朝まで楽に行こうと思ったがくっついていない胸部の骨や寝たままで痛い背中や腰が気になって頻繁に目が覚める。
人の気配も関係しているかもしれないが。

眠るという快楽のはずの時間がかえってつらく、朝になるのが待ち遠しい。はやく夜快眠できるようになりたい。(6:30)

さて、朝食後、朝の回診の時に主治医の先生に退院時期について何気なく聞いてみると・・・

「うん、来週あたりかな。」とあっさりといわれた。

なんですと?来週??

なるほど、点滴もカテーテルも全部とれたし注射や点滴による投薬はなく朝食時の服薬のみだし、検査もレントゲンと体温と血圧のみ・・・病院でなければできないことはもうないのか・・・

それにしても心臓の手術で1か月足らずで退院できるとは思っていなかったので拍子抜けというか心の準備もできていないというか・・・

ええーと、退院後はすぐにでも働き始めていいのだろうか?などいろいろ考えてしまう。

 この日は9:30からレントゲン検査。歩行訓練のためか歩いてレントゲン室へ行った。

さてさて、入院費用を軽減するために「国民健康保険限度額適用認定証」というものを大島町に発行してもらっていたがこれが無効になることが分かった。

 勤め先である大島藤倉学園から連絡が入り、新しい保険証が届いているが有効期限の起点が5月1日であり、入院や届け出関連を新しい保険証でやり直さねばならない。とのこと。

 今までは農業を収入の基軸として登録していたので(実際は農業収入の上りは微々たるものでアルバイトで暮らしていたが)年金も健康保険も国民年金と国民健康保険物に登録していた。
 しかし、60歳まで藤倉学園で働くことを前提とすると、将来のことを見据えれば年金は今からでも国民年金よりも厚生年金のほうが有利と考え切り替えた結果、5月1日から保険証が切り替わっていたのである。(保険証が発酵されたのは5月17日・・・おいらのせいじゃないよね・・・)

 そのため入院時の保険証も無効であり様々な手続きをやり直さなければならなくなったのであった。

 思いがけず「来週にも退院していい」という話を聞かされたところだったが退院までにいろいろ手続きを更新しなければ面倒くさいことになりそうだ。

 新しい保険証があれば飯田橋の保険事務所(協会けんぽ)で限度額適用認定証はすぐに発行してもらえると思う。」とのことなので取り急ぎ保険証を送ってもらうことにした。

ただし、この「即日発効」は現在は行われておらずまた一苦労することになるのはまた後日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月10日から5月28日まで大動脈解離で手術入院しておりましたE退院の日にち? 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる