酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月10日から5月28日まで大動脈解離で手術・入院しておりましたF退院迫る

<<   作成日時 : 2017/06/17 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月23日(火)
 来週に迫った?退院後の生活について指導を受ける。曰く半年は2s以上の物は持ってはならぬと・・・
鍬(クワ)を振ることはおろか収穫、出荷も困難だ・・・これでは年内は農作業できない。

しかし無理をして体調を悪化させ死んでしまっては話にならない・・・
我慢してゆっくりじっくり再起を図ろう。むしろ一日6gの塩分のほうが問題かな・・・


5月24日(水)
 今まで病棟のフロア内までに制限されていた行動範囲が病院内までに拡大された。初めて地下の売店まで歩いてゆき茶と退院後に必要な胸部保護バンドを買った。

「ところで来週退院。というのは来週のどこかと言う意味でしょうか?あの時から1週間と言う事でしょうか?」
「ん?今週末でいいですよ」

本格的に退院は目の前に迫った事実となった。


5月25日(木)
 造影CTとレントゲン検査。やはり検査室まで歩いて行った。

 午後になって病棟に藤倉学園が送ってくれた新しい保険証と健康保険限度額適用認定証に必要な書類が届いた。

 入院時の手続きのやり直しは新しい保険証ですぐにできた。
ところが限度額適用認定証は書類が届いたら両親に保険事務所まで行ってもらい即日でもらえる・・・
ものと思っていたが制度が変わったようで、窓口での直接発行は現在は行っていないとのこと。

 郵送で申請し、発行には1週間かかるらしい。退院までには間に合いそうにない。
退院時の費用支払い時に一部金を支払い、残りの分の「診療費徴収猶予申請書」を提出するようにとのこと。


5月26日(金)
 超音波エコー検査を受ける。昨日のレントゲン、造影CT検査と合わせていつでも退院問題なしと診断され、退院の日取りは両親の都合も考慮して28日(日)となり各方面に報告した。
 血圧や血中酸素濃度、体温測定などのルーチン検査の頻度も減り退院の実感が増す。


5月27日(土)
 明日退院。しかし明日は日曜日なので支払窓口は休業とのこと。
今日の午前中に退院時の支払いをしなければならない。

 手続きをすると全体の入院費用は窓口3割負担で1,406,230円・・・ぐはつ。

 それでも想定よりは安いくらいか・・・300万とかそれくらいを想定していたので少しホッとする。

 この日の支払いは一時支払額57,600円に入院時の食費を加えた71,640円だった。
限度額適用認定証の結果最終的な支払額はいくらになるのだろう・・・・

 養蜂関連のメンバーに電話で報告。どうも知人発信の情報が元商工会議所の養蜂を応援してくれている方経由で養蜂関連メンバーに話が行ったところ、いまだに意識不明という認識だったようだ。

 本当にご心配おかけして申し訳ありませんでした(−−;

養蜂の師匠には今後の増えた巣箱の最低限確認とケアを依頼し快諾していただけた。

さて明日退院・・・あまり実感は沸きませんが・・・

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月10日から5月28日まで大動脈解離で手術・入院しておりましたF退院迫る 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる