酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 野菜たちはどうなってしまうのだろう

<<   作成日時 : 2011/03/25 21:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

人災中の人災、原発事故はなかなか実態も見えず状況も収まる方向性が見えてこない。

各地で放射性物質が検出され水道水、原乳、野菜などが汚染されてしまっている。
「健康にただちに影響はないと思われる」とはいうが誰だって不安だし、本当に影響はないのか?すべての品報告されているような高い値となっているわけではないだろうが、逆にもっと高いものがあってもたまたま検査にかかっていないという可能性もある。
様々なものから複合的に取り込んでいる積算値で考えなければならないし、いつまで続くのか?

出荷制限をされてしまった人々の悔しさ、悲しさは計り知れない。

ここ大島は僻地である故検査するための機器すらない。
今のところ安全か否か図るすべがない。
距離もあるし今のところ安全であると信じたいし、これからも安全であり続けてほしい。

しかし、大気の循環は常にある。絶対な安全はあり得ない。

私は反対し続けてきたのに・・・原発で事故が起こることも、起こった場合なかなか収拾がつかないことも予見できていたことなのに・・・

私の野菜や畑はこの先どうなるのだろう・・・
ようやく春物の収穫が盛んになったところだというのに・・・

スナックエンドウ
画像


画像



キヌサヤエンドウ
画像


画像


ソラマメ
画像


画像


キャベツ富士早生
画像


キャベツ四季穫
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
原発震災による難民の大移動が現実になってしまいました。十数品目の野菜から基準値以上の放射性物質が検出されたそうですね。もうこれ以上拡大しないことを祈ります。原乳ってことは、牛が水を飲んで乳にでたのでしょうか? まだ草を食べるような地域じゃないですよね。東海地震で浜岡原発がやられたら、大島は100km程なので、福島第1と茨城県北部くらいの関係です。何とか稼動中の浜岡4号炉を止めたいですね。風上で黒潮の上流でもありますから。伊豆半島にも大島にも住めなくなります。裁判を続けて1・2号機は廃炉に出来、この事故で4号のプルサーマル化と6号の新設は取り合えず先延ばしになりました。地球生態系の大循環に猛毒のプルトニウムを拡散させないように頑張りましょう!
うらしま
2011/03/26 01:13
この期に及んでまだ「日本の技術力の高さ」とか「原発の必要性」とかが語られる場面があります。

しかし、この「技術力の高さ」への慢心や客観性のなさが危険な場所への原発を建設させているのでしょう。
また、責任のなすりつけ合いというか、何か起きても自分のせいではない。という考え方の人々によって建設が推進され実行され、事故後の混乱が起きているような気がします。
タービン建屋で下請けの関連企業の作業員がろくな装備も持たされずに作業にあたっていたのもその責任のなさからくるのでしょう。

現在現場で尻拭いをさせられている方々は放射線の専門家でない人が大部分でしょう。東海村の臨界事故の教訓は全く反映されていません。

今の状況にパニックになっても仕方がなく、放射性物質による汚染も安全な場所で「安全」を唱える専門家のいうことを疑いつつもある程度受け入れざるを得ないのかもしれません。
しかしこれを繰り返さなおことが重要だと思います。電力の使用制限をしてでも脱原発の道を模索するべきでしょう。
さかい
2011/03/27 23:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
野菜たちはどうなってしまうのだろう 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる