酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 和歌山紀行 潮岬の野焼きからカスミサンショウウオ

<<   作成日時 : 2012/02/01 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、紀伊大島からすぐそばの潮岬にやってきました。
今夜は「本州最南端の野焼き」が開催されます。
野焼きは冬に草地を刈り倒し焼き払うことにより草地の病害虫を抑えるとともに五穀豊穣と厄除けを願う行事で各地で行われています。

ここ、潮岬は本州最南端の土地。盛大なセレモニーとして行われます。
画像


ここの野焼きは夜間に行い火祭り的要素も兼ねるようです。到着時はまだ明るいため待っている間に本州最南端を見てきました。

碑の前で記念撮影をしている女性グループがいて、カメラのっシャッターを頼まれたので撮影していると、私がシャッターを押しているため自分も移してもらえると認識したUちゃんが乱入。爆笑・・・
一応撮り直したのですが・・・
実はそちらにもこっそり映っていました(^^;

私は気が付いたのですが、とてもかわいらしく写っていたので後になって気づいてもきっと笑って喜んでくれることだろう。
画像

そのお姉さんたちにUちゃんとの記念撮影を撮ってもらいました。

さて、日暮れが近づいてきましたが野焼きの前に大切な行事があります。

画像

言わずと知れた餅まきです!!丘の上に餅の入った箱が準備されています。

画像

餅まきを待ち構える群衆。私もリベンジ。今度は定石通りしゃがんで待ちますが前の方にはもう多くの人が・・・

画像

お偉いさんの演説、しかも某政治家の祝電も二通・・・
殺気立ってます



この後阿鼻叫喚の争奪戦がありました。私はまたもや一つだけ・・・こういう時には私の目の前で立っている人がダイレクトキャッチしたりするので皮肉なもの・・・やはり猛者達には勝てん・・・


画像


餅まきの後はいよいよ野焼き。松明が灯されます。

地元の高校の弓道部員が火矢を放って草地に点火。この瞬間は撮影し忘れました。

画像


点火とともに結構盛大に花火が打ちあがりました!

画像


画像


画像


画像

野原に火が広がってゆきます。幻想的な光景ですが、こういった行事では消防団が動員され前日から燃え広がらないでほしい場所には防火のための放水、野焼き中も当然待機・・・お疲れ様です。大島に野焼きがなくてよかった・・・でも美しい光景です。退職してから提案しようかな(^^;

夕食はこの近くの食堂で供されているカツオ茶漬け。タレに付け込んだカツオを切り身を一杯目は漬け丼風に、二杯目は茶漬けでいただくというもの!
とてもおいしかったです!
ああ、やはり撮影しとくんだったなあ・・・

翌日(日曜日)は午前中から田辺市の山の中へ向かいます。
私の今回の旅の目的の一つカスミサンショウウオ探し!!!

鉄っちゃんが鉄分が足りないというように私には今両生類分が足りなひ!

チャンスがあれば貪欲に見たい!Yさん一家にお願いして下調べしておいた生息地に連れて行ってもらいました。

生息地域はすぐわかったのですが確実にいる場所はかなりピンポイントだったようで・・・長い時間ずれたポイントで探してしまったためになかなか見つけられずちょっと迷惑かけちゃいましたがその後Yさんがビジターセンターで正確な位置を再確認してくれてようやく見つけることができました!

画像
生息地は「ひき岩」と呼ばれる場所で、ヒキガエルの様な形をした岩が連なるためつけられた名称です。サンショウウオの生息地にはふさわしい場所ですね。

画像

そしてこれがカスミサンショウウオ!西日本に広く生息する70mm〜125mm程度の小型のサンショウウオで、丘陵地の水田や湿地に生息します。
よく探せばかなりあちらこちらにいるはずなのですが、今回は確実にいる場所で探しました。感激!

画像

今日見ることができたのはどれも成体と幼体の中間ぐらいかな?という小型の個体でした。多分もう少し大きくなるんじゃないかと思いますが、サイズを計ったわけではないのでもしかするとこれくらいで十分成体なのかも。カスミサンショウウオ自体が小型サンショウウオの中でも小型の部類の様だし・・・そのうちジックリ生息場所を探して歩いてみたいものです。

この後遅めの昼ごはんではクエの鉄板焼きや炊き込みご飯の定食。
クエも食べたかったのですよ!!元々はクエが主目的だったし!!

また晩御飯はB級グルメ選手権にも出店したという有田市の「たっちょほねく丼」細かい骨で食べにくい太刀魚を骨ごとすりつぶして天ぷら(さつま揚げ)にしたものを玉ねぎとかき揚げにし、とろとろの卵とあんかけを施した地域のどんぶりを食べました。これもかなりうまかったです!!

楽しい旅ですが家には世話を隣の人にお願いしているとはいえ獰猛なヤギがいるので長くは旅をできません。
昼の船に乗るために月曜日の朝に出勤ついでに駅まで送ってもらって帰路につきました。あわただしくしてしまって申し訳ない

YさんJ君UちゃんNちゃんお世話になりました!また遊びましょう!

ちなみに帰りは・・・バスではなく「特急くろしお」と「新幹線のぞみ」と高速船を使って最速旅程で帰りました。
やっぱ「のぞみ」すげえ!楽ちんでした!

ところでのぞみっていつから自由席ができて通常料金で乗れるようになったんでせう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
和歌山紀行 潮岬の野焼きからカスミサンショウウオ 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる