酒井農園有機日記@伊豆大島

アクセスカウンタ

zoom RSS 大島シン・ゴジラモニュメント建設問題続報

<<   作成日時 : 2016/11/25 19:20   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

大島シン・ゴジラモニュメント案件の補足情報、
この案件を伝えた大島町の共産党が発行している広報誌「ひろば」に対し大島町は「財政調整基金から1億円を支出する」としているがこれは一方的な解釈でこれから国や都に協力を要請するので1億円全額財政調整基金から切り崩すとは限らない。と遺憾の意を表したとのこと・・・どうよそれ?

まず初めにただでさえ「地方創成交付金」という税金をもとにしたばらま・・・いや援助資金を8千万円使うというのにさらに国や都にゴジラのモニュメントのために追加のお金をくれと?なるほど。当時の舛添都知事や石破氏を応援に呼んで「太いパイプでお金を引っ張ってくる!」と豪語していただけのことはあります。

しかし、今豊洲への市場移転問題やオリンピック会場の建設予定費用の高騰が批判される中で「ゴジラにお金ください」は・・・「ふざけんな!」と一蹴されやしませんか?

何より問題なのがこの「地方創成交付金」の経緯です。
大島町はこの国からのばらま・・・失敬ありがたい援助資金を有効に活用するために町民から公募で委員会を結成し7回の「地方創成交付金の使い方を論議する会合」を開催し

「大島町の自然の魅力を観光に生かすため事業に使いましょう」

という委員会の決議がなされたと聞きます。この会合では「ゴジラ」の文言は全く出ていないそうです。

そしてその後何の音沙汰もないと思ったら突如「地方創成交付金でゴジラのモニュメントを火山博物館敷地に建設する」という議案となって町議会に提出されたそうです。
7回の会合で真摯に意見を出し合った委員たちには何の相談も通告もなかったと聞きます。
どこかで聞いたような話ですが・・・

町議会ではこの議案が「その公募による委員会が答申したもの」ではないことの説明はなかったそうです。

とまあ、こういった経緯のようです。

私はゴジラで「観光誘致するための何か」を作ること自体は反対しませんが、少なくても
〇地方創成交付金は公募した委員の決定を反映したものにすべきものである。
〇この「何か」を作るためにいくらになるかは分からないが緊急時のための貯金である「財政調整基金」を使うべ きではない。
〇ましてや財政調整基金を切り崩さなくてもいいようにさらに国や都からお小遣いをねだるのは世間が納得しな い
と考えます。

有志でとりあえずこの計画を白紙に戻す陳情署名を準備しています。あくまでも一度立ち止まって島の住民に相談してから計画を練り直してほしいと思います。

ちなみに石破氏はシン・ゴジラにおける国としての対応の表現に不快感を示しているようですが・・・大丈夫ですか?

おおう、まだまだ重要なことを忘れていた。

そもそも行政がゴジラ作るのもどうかと思うし、さらに建設予定地がれっきとした博物館である火山博物館の敷地って・・・火山博物館は三原山を中心に世界の火山を開設したまともな公的な博物館です。そこに遊びでゴジラ作っちゃいかんだろ。博物館に対してもゴジラに対しても失礼だ。

たとえば作るのが大島町ではなく観光協会や商工会議所ならまだわかる。
観光協会や商工会議所が発起人となってクラウド・ファンディングでお金集めて港や空港、三原山への登山口辺りに作るのならそんなには抵抗はない。どうでしょう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大島シン・ゴジラモニュメント建設問題続報 酒井農園有機日記@伊豆大島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる